【国際文通週間】はポスクロ活動で海外交流してみませんか?

コラム

10月9日を含む1週間は【国際文通週間】です。

世界的に、文通を通じて海外の方と交流し、平和活動に貢献しようというもの。

ちなみに、日本では毎年国際文通週間にちなんだ記念切手が発行されるんです。

航空便の料金に合わせた額、ハガキ用70円、封書(定形)用90円、110円、130円の切手シートと、国内のハガキと国際郵便でのハガキの差額8円の切手シート

f:id:usagi-on-the-moon:20181009172531j:image

   引用:国際文通週間にちなむ郵便切手 | ゆうびん.jp

私も、ポスクロ用に新しい切手を購入してきました。今週はいつも以上にポスクロで国際交流したいと思います。

スポンサーリンク

国際文通週間に届いたおハガキ

通常のカードより、少し横幅のあるパノラマサイズのおハガキ。

どこかの宮殿でしょうか?とても大きな建物、広いお屋敷。川なのか、それとも湖なのか、どこか水辺の近くなのでしょうね。

時々いただくこのパノラマサイズのおハガキ。ステキな景色の物が多くて嬉しいです。

送ってくれたのは、モスクワに住む3人の娘さんを持つお母さん。
家の横には公園があって、リスが住んでいるのだとか。
良い気候なので、公園でお散歩をしているそう。
お子さんと一緒にリスを見ながら公園で過ごしているのでしょうね。

仲良しな家族の光景が目に浮かびます。

封筒に入れたハガキ

こちらは私がロシアの女の子へ送ったカード。

今回のお相手は9歳の女の子です。

彼女のプロフィールには、猫がとっても好きだと書かれていました。

 

 

 

そして
『こちらの郵便局は時々ハガキのオモテ面に消印を押してしまうから、もしできたらハガキは封筒に入れて送ってほしい』

と希望が。

その気持ち、私にも経験があるのでちょっとわかります。

【ポスクロ】ちょっと残念に感じた受け取りカード
ポスクロで「ちょっと残念だな」と感じたことについてのお話しです。長い時間かけて運ばれてくるカードたち。受け取った時はどんなカードでも嬉しいものですが、カードが汚れていたり、変なバーコードが貼られていたり…

国によって、カードの写真とかイラストのあるオモテ面にスタンプとかシールとか押されたり貼られたりしていて、届いた時に

えーなんで!?

って、声に出してしまうくらいガッカリするんです。

送ってくれた物が自分好みのカードだと、その郵便局でつけられた印がすごく残念なんですよね。

なので、今回送るカードはリクエスト通り封筒に入れてあげることにしました。

封書なら25gまでは同一料金で送れるので、カード以外にも女の子が好きだと言っていた、可愛らしいシールもいくつか送ります。

喜んでくれるかな?

無事に届くのを楽しみに待ちたいと思います。

 

今週もステキなポスクロ週間になりますように♪

↓       ↓       ↓
可愛い動物のポストカードならこちら

タイトルとURLをコピーしました